小学校卒業から中学生の様子


小学校の卒業式は、校舎は新しく建てたが体区間育館は建ててないので古い木造建て講堂で行う。
今になれば、詳しく覚えていないが卒業賞状を貰ったぐらいかな。
休みの間に、友達のお家に遊びに行く。そこで、色んな話をし帰った。

中学へと入学です。
中学校は、体育館は新しく建てたのか綺麗でありました。
中学に入学した生徒は、300人以上もいた。
クラスは、7クラスもありました。
俺は、G組みでした。
今でも担任の先生は覚えていますよ。英語の先生の丸井先生でした。少し細身な体格でした。
担任が、英語の先生だが、英語は苦手な教科でした。
新聞配達をしていたので、学校までは自転車で通う。学校に、間に合うようだったら、歩いて行っていた。
歩いて、30分もすれば行かれる位の距離でした。
1年の時は、真ん中の兄貴が中学3年なので真ん中の兄貴と良く遊んでいた。兄貴の友達とも。兄貴がプレーヤーを買うと二人で良く聴いていましたよ。

そして、兄貴は中学卒業すると板前になる為尾道の方に就職した。
我が家では、俺と母さんと親父だけになる。長男は俺が小学校の頃広島のほうに就職した。
2年になると、クラスはB組になる。
クラスの中で、家の近く通っている友人が出来た。何故か小学校の時の友人と彼と彼の友達4人で朝は学校に行くようになる。
帰りも、合うと4人で帰っていた。
俺、1年の時から社会が好きでした。なので社会だけは成績が良かったです。
文化部で、社会調査部と言うのがあったので2年からそれに、入部する。
そして、4人の友人の内3人がその部に入る。
部に入ると、竹原のあまり知られて無い古墳を探し調査を良くしに行っていた。
大三島に、大山ずみ神社があります。其処には、鎧、兜、他色んな物が置かれている。其処にも行きましたよ。
俺、凄い感動しましたよ。
夏になると、自由研究の宿題がある。
4人で、どんな事をするか話し合った事もあった。
近くに、理科の先生がおられたので、其処に相談をしに行った事もありましたよ。
結局は、研究はしなかった。
近くに、頼山陽の屋敷があるので其処にも行きましたよ。
何時も、開けっ放しにしているので何時でも部屋の中を見る事が出来た。
近くには、寺の隣に有名なフメイカクと言う神社の様な建物があるので其処にも良く言っていた。
其の直ぐ側には、石のお地蔵さんがありそれを両手で抱えるる願いが叶えられるそうだ。
余りにも重たく抱えられないと難しいそうだ。そのような、地蔵さんもありますよ。
母親は、俺が就職の試験行った時其処へ行ったと後に話していた。
やはり、重たくて地蔵さんは抱えられなかったと話していましたよ。
そこから、眺めると竹原全体が眺められて良かったですよ。
安芸の小京都と言われていた町なので静かな落ち着いた町の様な気がしました。
親父は、米を作らなくなった頃からタイプを打ち印刷の仕事を請けようにな仕事も始めだした。この時代は、まだパソコンが無くタイプ印刷しているのは他所からも
人気があったのかな?
この頃は、活版印刷をしている所もありました。僅かな印刷であるとタイプで充分みたいでした。
でも、生活する程の収入は無いですよ。
僕は、印刷をする時良く手伝いましたよ。
お母さんは、母さんの妹の子供が小さかったので其の子供を見ていた。
妹は、務めに行っていました。
俺、アルバイトしているので少し小遣いがあったので塾も通い始めました。
元、高等学校の校長先生をされていたそうです。
俺、其処に行くのも楽しみにしていましたよ。
勉強は、解らない教科は何でも教えて貰えました。だが主に数学ばかりでした。
其処で、お話して良く寝て帰っていた。 ある時は寝に行っている感じでした。先生は少し太りぎみでしたが、話すは何でも聞いて貰えて楽しかったですよ。
それから、親父は俺が小学校頃から川柳の趣味をしていて川柳会の会合に行っていたので俺も一緒に行きだした。
川柳に行っていると、俺より一つ後輩友人が出来彼とも親しくなりました。彼とは今も交流をしていますよ。ネットで交流をしています。
その彼に、塾の事を聞いて塾に通う事になりました。
川柳は、そんなにレベルが上がらないが作るのが楽しいので今田に続けていますよ。
なので、月に一度例会に参加していましたよ。
すると、小父さん達とも親しくなりましたよ。
竹原での川柳大会は、何時も参加ですよ。
川柳大会は、日本全国から沢山の人が来ていましたよ。
俺など、入選するはずがないですよ。 でも学生の部で入選した事もありました。学生は、参加者が少ないので少し良かったかな。
川柳会に入ていると、1年に一度何処かに行き皆で弁当を食べ其処で即席川柳会が始まります。
その場で、席題を決め即川柳会です。
そんな事も好い思い出になっていますよ。
親父は、途中から止めたので俺だけが参加したいた。 地方の川柳大会も参加していた。入選は無かった。
上手方ばかりなので。

3年も、B組みでした。
先生の名前も良く覚えていますよ。先生は柔道部の監督でもありました。数学の先生でした。
数学の時間に「ある問題を解いて見なさいと。」と言われた。
俺解らなかったので「解りません。」と答えた。
すると、放課後掃除をしていると俺を呼んで解らないと言った問題を教えてくれました。
この事は、何時までも忘れません。
俺の前の席に、感じの好い女の子いて頭が良かったので少しはお話していたかな?
でも、その場限りでした。
近くの友達が一緒だったので凄い気分が楽でした。
中学3年の2学期に体育委員に選ばれる。運動神経は良くは無いが選ばれ、運動会の時クラスの先頭に歩いたの今田に覚えている。
体育の時は、点呼取らないといけないし少し大変でした。

就学旅行は、九州でした。別府、阿蘇 熊本です。
300名もいるので、電車を貸切で行きました。
水前路公園、熊本城、阿蘇山をロープエイで火口まで行く、別府の温泉地獄巡り、猿沢山いる高崎山等でした。2泊でした。
行ったのは、覚えているのだが行ってどんな事をしたかは覚えて無いです。

中学の夏ごろから進学はどの様にするかの話が出て来ました。
就職の為、二つの大きな会社に面接に行く。
二つ共、駄目でした。なので進学しか俺にはなかったのです。
これを、滑ると俺どうも出来ない運命になっていました。
なので、高校進学の為に猛勉強したのです。成績をそんなに良くはないので。塾に行っていたのだが。
3年の夏は、学校に補習授業ですよ。
社会だけは、得意なのだが。
冬休みも良くしましたよ。
母さんが、夜食を持って来てくれましたよ。
生涯の内で、一番良く勉強した感じでした。
他の友人に聞くとそんなにしてないよ、と話すメンバーもいたのだが。
そして、中学卒業です。
卒業の時どうであったかあまり覚えてないです。
高校の入試試験は、中学を卒業してからあったような気がする。
俺が合格したかどうか見に行こうとするともう他の友人が見に行ってくれていた。
友人は、「合格しているど。」と教えてくれました。
そして、無事公立の高校の合格でした。
中学の様子が浮かぶとまた述べて行きます。


人生のページに行く


アルバイトのページに行く


高校1年のページに行く

inserted by FC2 system