☆

子供の旅立ち

顔見えて携帯かける妻の声

携帯の居場所確認電話する

年末が近づく我が家まだ寝てる

ボーナス日何でだろうか妻の声
犬吠える何でだろうか飼い主に
携帯が何でだろうか呼んでいる
足腰が何でだろうか老いて来る
師走来て何でだろうか忙がしく
北風が背中を押して丸くなる

年末に日記書いてみて振り返る
年末の不景気知らず犬吠える
年末を足で蹴りたい年になる
年賀状年末に書き不安がる
初雪が年末に降り肩に乗る
年末に埃を落とす大掃除
年末に羊の群れが猿を呼ぶ
町の店年末迎へ声響く
木の葉舞う年末過ごす寒い風
年末に旅に出て行く我が息子

子の夢を親の負担で声かける
見送りを心でで泣いて笑顔出す
旅に出た息子の声が電話する
何処いるの息子いない日穴があく
1年が10年なる人生路

川柳の目次に行く

祭りに行く

夜明けに行く

inserted by FC2 system