平成13年12月30日故郷での作句をする
     故郷に 誰もいないが 帰りたい 
      わくわくと 俺の故郷 妻と行
      墓参り 父に一言 幸な日々
      父さんの 思い出浮ぶ 墓参り
      故郷で  沢山浮ぶ 思い出よ
      柿の木に 兄と遊んだ しるしある
     水汲みの 帰り道兄 後ろだった
      故郷で 草木迎える 静かな日

    故郷に 足を入れたが 草木だけ

    兄弟と 遊んだ家は 今は無く

    あの頃の そのままがある 深い井戸

    通学路 山道だったが 今は無く

    グランドに 面影の残る 友の事

    母校来て 悲しくもなる 校舎無く

    懐かしく 金次郎いて 触れて見る

     

  
  
   
   
   
     目次に戻る

        前のページ

 

       次のページ

inserted by FC2 system