高校一年の様子


入学するまでは、遊んでいたかな?
中学校のお友達と分かれるのが少し寂しくも感じた。4人とも高校が違ったのでそれ以後会うことも無かった。4人でのお別れ会もしていなく高校時代に会った覚えが無いです。中学校に行き帰り何時も一緒だったのに。
高校は、電車通学でした、二つ駅西方面に行く所で安芸津です。
竹原高校の分校です。
クラスは、2クラスです。一クラスが45名です。競争率は少し高かったような気がした。
科は、発行工業化です。お酒の作り方を学ぶ学校です。でも、1学年の時は、男女一緒でありました。
でも、化学、分析、お酒を作る勉強等の時は別々に分かれての授業でした。
校舎は、分校なので本校の様に立派で無かったです。木造で昔風の校舎でした。
体育館は無かったので入学式は、外のグランドでしたかな?  あまり覚えてないです。
でも、化学実験したり、分析をしたり 生物 微生物等学教室はありましたよ。
他に、酒を製造する場所もありました。そして、学校で酒を製造していましたよ。
酒は、そんなには飲まなかった。少しの味を効くぐらいはしたかな。酒を絞った酒粕が出ます。これを良く摘んで食べていた。家にも持って帰った事もありますよ。
他に、醤油も製造をしていましたよ。醤油も家に持って帰ったようなきがする。
醤油は、大豆をが原料で大きな釜で少し煮てそれをセメントで作って縦2メーター、横1.5メーター、深さ2メーターぐらいあったかな?
其の中で、菌を入れて発酵させ醤油色ぐらいなるまで其の場所に置いておくのです。
其の場所に行くと、表面に白いのが沢山付いているのが思い出します。

俺は、A組だったかな?  A組みは、美術を学び、B組は音楽を学んでいました。  俺音楽どうも苦手なのでこちらを選択しましたよ。
竹原から、男性が6名の入学でした。
電車の時間は、7時10分です。
なので、新聞配達はこれに、間に合うように終わらさせないといけないのです。何時もギリギリですよ。これに、遅れると8時15分位でした。
学校の始まりは、8時30分でした。8時の電車に乗ると少しだが間に合わないです。学校に着いてもも少し早いのだがしかたなかった。
呉、広島方面に行くサラリーマンから、我々の様な高校生、大学生等多くいたので7時の電車は何時も満員でした。2駅過ぎれば降りるので何時も立っていましたよ。

俺アルバイトしていたので、教科書から、体操服から、何もかも全部学校で使うもの全部俺が支払った。そして、3年間の授業料も払いましたよ。
親から、一切貰わなかった。 電車通学の定期も俺が出していました。
親からは、3食の食事を食べさせて貰っていただけでした。アルバイト代で食事料金は、出してないです。今思えば出しても良かったかなと思います。
なので、小遣いを小学校の時から貰ってないですよ。

担任の先生は、社会の先生でした。
社会の先生ですが、中学の時の様に丁寧な教え方でもなかった。教科書の説明するぐらでした。良く大事な所は赤いチョウクで中学の時は書いていたがそんな事もなかった
ような気がする。
笑ったり、賑やかにしたりする先生でもないしただ自分の役目をはたしているような先生でした。
なので、担任の先生の印象が残って無いです。
校舎は、2階の一番東側でした。
教科で、計算実務がありました。此処では、算盤を使わないといけないのです。
俺、小学校の時少し習ったぐらいで殆ど解らなかった。なので、其の先生に算盤が良くわからないですよ。と言う。
すると、放課後残り算盤の特訓が始まる。
先生でなく、良く知っている生徒です。女の子3~4人が俺の周りに来て特訓でした。
なので、幾らかは理解出来たか。この時、女性のパワーを感じましたよ。なので、今も算盤の入れ方は知っているのだが早くは無いです。

化学の授業で定性分析がありました。
これは、液体の中にどんな物が入ているか調べる分析です。よく、段取り良く調べていればスムーズに行のだが其の日に本を読んでの分析良くなかったです。
分析をすると、レポートの提出です。
これも、少し大変でした。ボールペンで書くのは駄目でした。万年質で書いて提出です。字を間違え無いように、綺麗な字で。俺、綺麗な字でなく大変ですよ。

倫社も、嫌でした。ソクラテスとかプラトンとか始めて聞く様な名前で社会でも少しも興味が湧かなかった。
古典も、中国語の様な文があり其れに れ点付いて 読み方が下を読んで上を読んだりしてどうも解らなかったです。
古い昔の文もあったかな。
倫社、古典の先生は、本校から教えに来ていたような気がする。

中学の時英語が苦手だったが、高校になると少しだけ理解出来ました。でも、今では、英語は話せないですよ。先生の教え方が良かったのかな?
高校になると、数学解らなかったら積極的的に先生に聞き教えて貰いだした。
なので、ある程度数学は理解をしていたかな。

美術の先生も、本校から教えに来ていた。そんなに、印象に残ってないです。
他の教科は、単位取れば好いかなと思うぐらいでした。

試験のある日は、クラブせずに家に直ぐ帰る。
そんな時、良くヒッチハイクをして帰っていた。
校舎の前は、国道が走っていて車が良く通るのです。
止めてくれそうな車が来ると手を上げるのです。 時には、止まらないときもありました。
止まってくれると、走って車まで行き「竹原まで乗して貰えますか。」とお願いをするのです。
「宜しい。」と言われると乗せて貰っていた。
結構ヒッチハイクするのが楽しかったですよ。2人でしたり、3人でしたりしていました。
俺一人の時は、どうも勇気がなくしなかったです。
またメンバー4人程集まり試験の勉強したようなな気がする。
勉強していたのか、4人集い花札をして遊んだような気がする。

クラブが終わった頃は、先生も帰る時間帯に一緒になる事が時々ありました。
丁度、竹原から通っている先生がいたのでその先生に帰りに会うと良く乗せて貰っていましたよ。
クラブは、17時30分から18時00分頃までしていたかな?
18時以降の電車に乗る。 19時00分過ぎる事もあったかな?
其の時間たいは、朝のように沢山の方が乗っていないです。
なので、電車の中を歩くのです。良くスポーツ新聞を椅子に置いたままにしているのでそれを拾って読んでいましたよ。
教科の事について浮かべばまた、載せます。



人生のページに行く

中学の様子ページに行く



バレー部に入部する行く
inserted by FC2 system