人生のページの目次  引越しに行く

村の行事

1月
1月の中頃かな?
今頃では、良くトンド祭りと言われています。
これと、同じような行事でした。
此処の村では、神明祭りと呼んでいました。
どの、家も小さなトンドを作ります。
竹で高さ2メータ位の足元を作り、その周りに檜の葉っぱ、笹、杉の葉っぱ、等を巻いて2メーターの所辺りに胴体の
様に、竹で作りその周りにワラで包みその上は、七夕を飾るような笹を挿します。
その笹に、色んな折り紙で飾り、他に願い事等も書きます。
その、トンドをどの家も持ち寄りそしてそのトンド焼くのです。
その後、残り火で餅を焼いて食べていました。
我が家では、長男がそのトンド作っていました。僕は、餅を焼いて食べるの一番楽しかったです。
寒い時でしたが、火を囲んで村の仲間と賑やかにしていた様子も思い出に残っていますよ。
トンドの様子を家の行事の中で書いていました。印象が深かったので再び載せました。

7月
村の方全部、米を作っているので7月頃田植え休みがありました。
村、全家族が入るような集会所があるのでそこに、村の方全員集合です。
皆、お弁当持って来て食べ映画の上映です。昼間に行うので窓ガラスに毛布で暗幕にして暗くしていました。
映画を見る事めったと無いので楽しかったですよ。映画を見た後、感想を親父とよく話してましたよ。
今でも、覚えているのが、農村で沼地のような田んぼなので腰の方まで埋まりながら牛が田を曳いていた様子。
時代劇で、もーう、もーう等と掛け声を掛けていた様子を覚えています。


10月は、村の祭りがありました。
村祭りは、あったが神社等何処も無かったですよ。
10月は、夜に行い外での映画の上映でした。日本軍が優勢な戦争映画の様子だったのを覚えています。

12月の終わり頃だったかな?
猪子さんが、ありましたよ。村の子供男ばかり全員集まり夜遅く猪子を作り全部の家を周るのです。
最初に、「猪子さんが御座った」と掛け声掛けて、格家に訪問します。
その後、色んな文句がありました。今では、忘れました。
最後に、「繁盛せー 繁盛ー」と言う掛け声で終わりです。
その後、そこの家に方に何かを貰っていました。
猪子を作って家の庭で叩いていると面白かったですよ。
今頃猪子祭り等、している所見た事無いです。今僕が住んでいる所の町内でも復帰して行えば楽しかも?

家族で花見に行く

inserted by FC2 system