★ ★ ★


よい人間関係をつくるために

よい人間関係をつくるには、お互いの人間性を尊重し、深く理解し合ことが大切です。

ところが人間は、とかく自分の中心に考えがちで、ついかえりみなかったり、おろそかにしたりします。

また、自分の感情や考え方がかたよっているために、気がつかない事があったり、誤解したりもします。時には、逆に、相手の身になることに熱中しすぎて、自分の主体性を失なてしまうこともあります。いずれの場合にも良い人間関係とは言えないでしょう。

人間は、人の触れ合いの中で成長し、自分の能力を開発していきます。他人のための犠性ではなく、自分が幸せな充実した生き方をするために、私達は、ふれ合い人々と理解しあう努力をして、お互いの自尊心を守り、よい人間関係をつくってお互いに成長し、さらにその人間関係をより良いものに改善して行く努力を重ねて行きましょう。

相互理解のために

人間の共通の欲求

自己実現の欲求............自己を成長させ、能力を開発してゆこうとする欲求

自我の欲求................自信、独立、知識、名声を得ようとする欲求

社会的欲求...........人と協同関係をもとうとする欲求

安全の欲求......生理的欲求が否定されるような危険、損失から自己を守ろうとする欲求

生理的欲求.......生きてゆくための本能的な欲求

相手の個性尊重

気質......情緒の度合

性格.......欲求の度合い

能力......知識、技能の度合い

立場によって変わる欲求の理解

立場、年齢、経験の差、時と場合。

好感をもたれる人間関係の要素

1、挨拶をおこなう

2、返事をはっきりする

3、明朗、快活

4、誠実さ

5、エチケットを守る

6、清潔な身だしなみ

7、相手の個性を認める

8、人の長所を認める

9、人に協力する

10、相手を考えて話す

11、よい聞き手になる

12、相手の名前を覚える

13、心身が、健康である

14、公私のけじめをつける

15、責任感がある

16、常に自己革新をはかる

17、その他

ある、雑誌より載せました。

こんな様子で人に接していると、色んな方に好感が持たれますね。

人生の目次に行く

inserted by FC2 system